痛風の原因

尿酸値痛風の原因

 

 

痛風とは、尿酸が結晶状になったものが血管や関節にはり付き強い痛みと炎症を伴う病気です。
ある日突然足が腫れ上がりその激痛のため、動く事、歩く事がほぼ不可能となります。
原因は、高カロリーな食事、運動不足、アルコールの過剰摂取が上げられますが、発作がいつ起こるのか、また痛みの度合いなどについては個人差があります。
基本的に、尿酸値が低くてもかなり強い痛みを伴う発作を発症する人、尿酸値が高くても日常生活に支障無く暮らして行ける人など様々ですが、発作を起こしてしまったら最後、たびたび再発し、そのたびに痛みも強くなるため、いかに発作を起こさないように予防していくかが重要な鍵になります。

 

基本的には食生活を改善する、アルコールを控えるなどのライフスタイルの見直しが必要ですが、そればかりだと美味しい物が好きな人、仕事でどうしてもアルコールを飲まないと行けない人には拷問のような日常生活になってしまいます。

 

余分なストレスはなるだけ感じない方が良いので、ここはサプリメントを上手に利用して痛風を予防して行きましょう。
オススメなのは、通風尿酸値下げる サプリメント「白井田七」。
評判もリピート率も高く、痛風サプリとしては業界No.1と言われるサプリメントです。

 

なぜこの商品が痛風の予防になるのかというと、田七人参という人参の中に含まれる「サポニン」という成分には、尿酸値を下げる効果があるのだとか。
滋養強壮の薬といわれる朝鮮人参にも「サポニン」は含まれていますが、田七人参の「サポニン」含有率は、朝鮮人参の約7倍。

 

よって漢方薬である朝鮮人参を飲むよりも、安価で効果の高いこのサプリメントを飲む方がお財布にも体にも良いというわけです。

 

これを食事と一緒に飲んでください。
徐々に尿酸値が下がるため痛風の気がある方は発作発症の予防になり、また発作を起こしてしまった方はこのサプリメントを飲み続ける事で、発作の再発を防ぐことができます。

 

 

愛飲者の中には、発作を何度も繰り返したが、このサプリを飲むようになってから発作がでなくなったという声もありました。
つらい痛みにさよなら。
今日からあなたも「白井田七」で痛風予防を!