尿酸値を下げる薬

尿酸値を下げる薬・方法

 

痛風で足が痛い・・尿酸値を下げる薬は何かないものか・・、痛風に苦しむ人はそのように思うのではないでしょうか。中高年の男性に多いとされる痛風ですが、最近は若い層や女性のあいだにも、尿酸値を下げたいと悩む場合もすくなくありません。

 

そこで尿酸値を下げるための薬や漢方サプリについて紹介します。あきらめずに正しい情報を知って痛風対策をおこないましょう。

 

尿酸値を下げる薬ですがお医者さんから処方される薬にはたしかに、尿酸値を下げる効果が期待できます。毎日服用することで、体の中に溜まっている尿酸を外に出す働きがあります。ただこのような尿酸値を下げる薬は一日も欠かさずに毎日服用することが大切です。

 

さらに多くの場合は一生薬とつきあわないといけない場合が多いでしょう。きちんと病院へ通院してお医者さんの指示をしっかり守り地道に治療を続ける努力が必要になります。

 

またいっぽうで、最近は尿酸値を下げる効果が期待できる漢方サプリにも注目が集まっています。尿酸値を下げると言われる漢方は芍薬、大黄、桂枝などさまざまな種類があります。

 

そのなかでも最近注目されているのが田七人参という漢方です。尿酸値や血糖値を下げる効果があるとしてよく知られている高麗人参の7倍のサポニンを含んでいます。その田七人参が主成分となっている漢方サプリの白井田七が最近では尿酸値を下げてくれると話題になっています。

 

主要成分のサポニン自体が、体内の血中に作用することで、痛みを抑制する効果が期待できます。尿酸値を下げるだけでなく、痛風独特の苦しい痛みを和らげる効果が期待できるのはとても嬉しいことではないでしょうか。

 

白井田七を試した多くの方がその効果を感じていて、90%以上の満足度を示すデータも上がっています。
もちろん効き目には個人差はあります。効果を感じるのに時間がかかる人もいますし、すぐに効いたと思う方もいるでしょう。ただ白井田七を尿酸値対策としてのひとつの選択肢にしても良いのではないでしょうか。