血液検査ua

血液検査uaで悪かったら尿酸値サプリで改善

 

 

自分の体が健康であるかチェックするためには、定期的に病院で健康診断を受けることが肝心です。心電図や尿検査などの精密検査を通して、自覚できない潜在的な病気も早期に発見できる可能性があります。

 

とりわけ、血液検査を行うと様々な病気の兆候をチェックすることが出来ます。例えば、血液検査GLUは血糖値を、血液検査UAは尿酸値を測定する際に実施され、それぞれ高血糖や痛風が発症していないか把握する上で大変重宝します。

 

医師から数値の異常を指摘された場合は、生活習慣の見直しが必要となります。血糖値や尿酸値が高くなるのは、往々にして日頃の食生活に問題があるからです。甘いものや塩分豊富な肉類など高カロリーの食べ物ばかり食べていると、内臓の処理能力を超えて老廃物が体内に蓄積していきます。なお、運動不足の生活習慣が加わると、さらに老廃物の蓄積率が加速してしまうことは言うまでもありません。

 

体調改善を図るためには、日頃から規則正しい生活習慣を意識することが大切です。栄養バランスの整った献立を継続し、適度な運動習慣を心がけましょう。

 

また、近年多くの健康食品メーカーから販売されているサプリメントを活用するのも大変効果的です。定期的に数粒のソフトカプセルを摂取するだけで体調改善を図れるので、面倒くさがりな方でも手軽に健康習慣を継続できます。

 

最近では、「白井田七」という尿酸値サプリが痛風改善に効くともっぱらの評判です。白井田七は、漢方の本場・中国で古来から健康薬の原料として珍重されてきた「田七人参」を主原料としたサプリです。高麗人参を遥かにしのぐ量の栄養成分が凝縮されていて、まさに知る人ぞ知る名漢方です。

 

高麗人参に含まれているサポニンという栄養成分には、体内の血行を改善して老廃物排出を促進してくれる効果があります。田七人参にはこのサポニンが高麗人参の10倍近くも多く含まれており、健康効果抜群です。尿酸値が気になる方にとって、心強い味方になってくれること間違いなしです。